シワがつかない素材でアイロン要らず

洗濯後のアイロンは時間がかかるので、できれば避けたい作業ですよね。

そこで洗濯乾燥後にアイロンが必要かどうかを左右するのが、衣類の素材です。

・綿のガーゼや、綿100%の薄めの衣類はシワシワになります

・ポリエステルなど化学繊維が一部でも含まれた素材や、綿100%でもぶ厚めの素材だとシワシワになりません

 

実際に、洗濯乾燥後アイロンをかけてない状態の衣類を、素材ごとに比較してみます。

◎ポリエステル100%:

アイロン不要なほどシワがつきません。

 

◎ポリエステル65% 綿35%

こちらもアイロン不要なほどシワがつきません。

 

◎綿100% ぶ厚めのもの

綿100%でも、タオルやぶ厚めの衣類はシワがつきません。

 

☓綿100%のガーゼ地

残念ながらシワシワです。。

 

☓綿100%の薄めの素材

上の部分が綿100%、下がポリエステル100%なのですが、綿の部分だけシワシワで、ポリエステル部分はシワがありません。

 

このように、同じ洗濯乾燥機でも素材によりシワの付き方におおきな違いがでます。

我が家では、着心地を大事にしたいパジャマは綿100%ですが、その他の普段着はなるべく化学繊維が一部でも含まれたものを選んでいます。

 

関連記事